7月24日(土)ビギナースクールレポート☆


01

今年初めて快晴のなか行われたビギナースクール 今回は“ステップアップ編”なのでコース上でのセクション別練習もしました。

0203

0405
                      紅一点のれいちんさん

0607
ブレーキングのフォームもしっかり練習しました


さてさて、午後はいよいよコース上での講習です
08
まずはバンクを使ったコーナリングです。



0910
まずはワタライが模範をやって


1112

13
デコボコランドの大型扇風機はかなり涼しくて、夏は走ったあとこの前からなかなか動けなくなります。


そしてセクション練習二回目はジャンプ
1416
1517


1820
19


21
14:30でひとまずスクールは終了~。みなさん暑い中ホントにお疲れ様でした 最後に集合写真撮りましたがなんかこの並び方、野球とかサッカーっぽいですよね


おまけ   ~れいちんさんの補講タイム

当スクールはいつも14:30に一旦終了しますが、その後は16時まではフリー講習・フリー走行です。森の中ではマナさんによるれいちんさんのヒルクライム講習(特訓?)がありました。
22


23
こんな急斜面を登ろうとしています しかも上のほうへ行くにしたがってガレ場になるんですよね。


2728
まずマナさんがお手本を見せます。やっぱりエンデューロセクションは楽しそうに走ります


2425
続いてれいちんさんもトライ 途中一回失速したけど、落ち着いて登りきりました先日KTMの125SXを中古で手に入れて、現在頑張っている女性ライダーなのです。


こんな感じで24日のビギナースクールステップアップ編無事終了しました。お疲れ様でした~

KX250Fエンデューロ仕様です

もう終わってずいぶん経ちますが、SUGO 2 DAYSエンデューロで使用したKX250Fについてちょっと紹介します

10JECr1_0064


実際、KX250Fでエンデューロに出たのは初めてでしかも国内ではKXで参戦しているエンデューロのトップライダーもいないので、データは何もありませんでした しかも、今回はマシンづくりに時間も予算もあまりかけられないのがわかっていたので、定番なエンデューロカスタムしかしていません。しかし! 一般的なKX250Fのイメージ(パワーが凄くてモトクロス向き)とは裏腹に、非常にマイルドで乗りやすいエンデューロマシンに仕上げることができました 二日間トラブルもなく、ファイナルクロスではホールショットも決めて、見事IBクラスで総合3位を獲得できました

JH8V2141JH8V2110
ウッズセクションかなり気持ち良く走れます


以下、今回のカスタム箇所です♪ 細かい数値はナイショですが…。


★マシン:カワサキKX250F 2008年型

s-10JECr1_0067


・エンジンはノーマル。唯一違うのはエキパイがBEET製なことくらいです。サイレンサーはノーマル。

・フライホイルを純正オプションの重いものに変更。トラクション性能向上、疲労軽減、エンスト軽減などにかなり貢献しました。

・ラジエターキャップを標準の1.1から1.6にチェンジ。

・フロントフォークスプリングをソフトに交換。若干油面低めに。
・フロントフォークガードを09'用にチェンジ(ガード面積が広い)。
・リアショックは標準スプリングのまま、プリロード調整で柔らかめにセット。

・リアホイルを18インチ化。ハブ、ニップルはKX250Fを使用。リム、スポークはKLX450R用を使用。
・フロントホイルはD.I.Dの新作リム“ST-X”をチョイス。
・タイヤはフロントがブリヂストンM203。リアがED668。

※大会レギュレーションで後輪はエンデューロタイヤを装着しないといけないので、必然的にリアは18インチ化です。後輪のリムはST-Xの18インチがないので純正品を使用。


・ブレーキは前後ともディスクを穴無しにチェンジ。マディでブレーキパッドの減りを抑えられるのと、曲がりに対する強度も若干あるかも(?)
・リアブレーキのキャリパーガードは「そんなに必要ないかな~? KTMはついてないし」ってことで無し。取り付け部分も切り落として若干軽量化


・RENTHAL製ファットバー。純正のラバーマウントをZETAのラバーキラーに変更して、マウント部のねじれ防止。

・SUNLINE製可倒式クラッチレバー&ブレーキレバー
・SFS製シリコンラジエターホース
・アチェルビス製X-FORCEハンドガード
・アチェルビス製スパイダーEVOディスクガード
・SDG製ステップシート
・SDG製ハンドルグリップ
・ワークスコネクション製スキッドプレート
・前後RENTHAL製スプロケット
・AP-WORK製グラフィック

・ヘッドライトカウルはKLX125用を流用。フロントのブレーキケーブルは変更無し。ケーブルガイドは金属部分がKLX110L用。プラスチック部分がKX65用

・メーターは自転車用(¥1,680)を使用。

・タイムチェックはバーパッドに巻きつけた腕時計で管理。



と、こんな感じです。この中でも特に効果の大きかったのが以下の三つです。

・フロントフォークのソフトスプリング化
・フライホイルの重量化
・フロントホイルリムST-X

フォークのスプリングとフライホイルは想像つくと思いますが、リムの効果で走りやすいというのは、不思議な感じでした。このST-Xは純正より重量はあるんですが、剛性バランスが絶妙でハンドリングの安定感がありました。白タイヤ沢(今回のリエゾン区間のガレ場)とかでも、石でフロントが弾かれても、ゆっくり弾かれるんです。別の日に石だらけの河原でノーマルのリムと乗り比べたときもかなりの違いがありました。

20100707 120s-IMG_0064
                               デコボコフレンズtanajiさん

KX250Fでエンデューロ参戦お考えの方は是非ご相談ください

7月7日(水)ビギナースクールレポート☆

6月に続きまたしても雨に降られた平日スクール だがしかし、「雨でもやりたい」という意見が何名かあり希望者のみで開催しました。やる気マンマンの8名がデコボコランドへ集合しました

s-20100707 092s-20100707 004

講習開始のころには雨はやんでいましたが路面はツルツルのマディ
滑る路面に苦戦しながらも、みなさん基礎フォームから徐々にレベルアップを図ります


s-20100707 171s-20100707 153

s-20100707 100s-20100707 096

s-20100707 030s-20100707 155


s-20100707 181s-20100707 190

s-20100707 238s-20100707 239

s-20100707 246s-20100707 120
珍しくマナさんが250Fに   ワタライの走りです

s-20100707 241s-20100707 248
ログハウス内で集合写真   I上さんは自走です


先月に引き続きマディコンディションの中開催してしまいましたが、マディでも全員が「楽しい!」という嬉しい結果に終わりました 走り終わったあとの洗車と洗濯は大変だけど、マディでも滑る感覚に慣れてくると初心者でもかなり楽しめるのがオフロードなんですね

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ