11

オフロードライダーならば大抵の人は自分でプラグ交換した経験あると思いますが、時々このプラグホールのねじ山を崩してしまうケースもあります 2ストみたくヘッドがスッキリしているとそんな心配ないのですが、4ストはプラグの穴が奥まっていて、気を抜くと穴に対して斜めに締めこんでしまいます。

写真はKLX110のシリンダーヘッド。プラグ穴に対して、カメラは斜めに撮っていますがこの角度でプラグを締めてはいけません。KX250Fみたく細くて深い穴の底に穴があれば、真っ直ぐ締められるんですけどね。





12
この角度で右側ギリギリでプラグをねじ込まないといけません。

「プラグのネジ山をなめない」って当たり前のことと思うかもしれないですが、プラグ交換のようにほぼ日常的な作業ほど油断しがちなのでご注意を シリンダーヘッド交換になったら高くつきますよ~





13

こちらはおまけでヘッド単体を横から見たところです。250Fばかり扱っていてときどき2バルブのヘッドを見るとなんか新鮮です。