1
そう言えば、日頃の作業をここに載せるのはあまりしていないのでたまにはメンテのレポでも 車両はXR100Rです。お客様より依頼を受けて中古車を探していましたが、なかなか見つからずにお待たせしちゃいました。すみません
か~なり走行の少ない程度の良い車両を仕入れることができました が、長期間動かしていなかったので各部点検が必要です。


2
まず前後タイヤ交換。同時にチューブ、ビードストッパー、リムバンドなどもcheck。ゴムパーツはすべて見ないとダメですね。




3
フロントは問題なかったですが、リアはチューブの口金周辺が錆びていたので、使えないこともないですがチューブ交換ですね。





4
着いていたタイヤは前後ともこのようにヒビヒビ~





5
チューブはせっかくなのでヘビー(分厚いもの)を採用。チューブとタイヤをsetで変えると気持ちいい~




6
次はスイングアームを外してリンク廻りをグリスアップ。一度も外していないようでした。新車のグリスが時間が経って固くなった状態。スイングアームのチェーンスライダーも、ラバーの劣化が見られたので消耗はしてないけど交換です。



7
スイングアームピボットのシャフトも、キレイですがグリスが乾いていたので薄~く塗って。



8
ステムベアリングもいっちゃうよ~




9
モトクロッサーだとニードルベアリングだけど、XR100Rなどはボールベアリングです。1個でも無くしたら大変なので慎重に古いグリスをふき取ります




10
さて、キャブも掃除しましょう すでに問題なくエンジンがかかっていたのですが、やはり長期保管されていたのでcheckと洗浄が必要です。ジェットの詰まりなど、性能に影響を与えるような状態にはなっていませんでしたが、やはり沈殿物がうっすら体積していて、洗浄が必要な状態でした




11
マフラーサイレンサーの取り付けボルトです。このままでも問題ないですが…。

12
せっかくなので内側からもナットでロック。KX250Fなどのモトクロッサーに比べると緩みづらいですが、万が一ここが走行中に緩んでしまうと、えらく高くつきますからね サイレンサーだけすぐに落っこちちゃえばまだ良いですが、エキパイとのジョイントがつながったままぶら下げて走っちゃうと、サイレンサーだけでなく接触するパーツもみんなダメにしてしまいますからね。


13
エアクリーナもスポンジの劣化で交換。プラグ、エンジンオイルなども交換して、バーパッドを追加して、その他細かい作業も加えてメンテナンス終了です

長らくお待たせしました。これで気持ちよく乗っていただけると思います