マシンセットアップ

KLX125に絶対オススメのハードスプリングです!

今日はオススメパーツの紹介です 幸いライダーとしてのキャリアがあるので、自分が乗れるうちは実際に自分で使ってみて気に入ったアイテムをお客様に勧めたいと思っています。今回はDRCのKLX125用フロントハードスプリングです
2

ダートスポーツ4月号のインプレで装着する機会がありました 誌面もチェックお願いしますね

発売から人気のKLX125ですが、通勤や林道ツーリングなどではノーマルでも充分なんですが、実際のところコース走行をするには物足りない部分もあります。特にフロントサスは柔らかくてビギナーでもちょっとジャンプの飛距離が伸びると、底づき(フルボトム)してしまいます。レーサーのように純正でハードスプリングの設定もありません。そこで登場したDRCのハードスプリング。

JH8V8455
成田MXパークでテスト走行したときの様子です↑ 乗り始めたと同時に安定感の高さに驚きます。KLX125は二人乗りできる設計なのでリアショックはしっかりしているのですが、それに比べてフロントが柔らかく、スプリングをハードにすることで前後のバランスが最適になる印象。当然ですがフルボトムも軽減されて、疲れづらくなりました。

実際のところコース走行しないのならば、ノーマルのスプリングでも問題ないと思います。でもコース走行で僅かでもジャンプすることがあるならば"断然"オススメです。


3

交換作業も僅かな時間でOK。ご来店いただいて、ダートスポーツ読んでいる間に終わっちゃいますよ

DRC フロントフォークスプリング KLX125/150S用  ¥7,560


中古車リストも更新しました! よろしくお願いします

KX250Fエンデューロ仕様です

もう終わってずいぶん経ちますが、SUGO 2 DAYSエンデューロで使用したKX250Fについてちょっと紹介します

10JECr1_0064


実際、KX250Fでエンデューロに出たのは初めてでしかも国内ではKXで参戦しているエンデューロのトップライダーもいないので、データは何もありませんでした しかも、今回はマシンづくりに時間も予算もあまりかけられないのがわかっていたので、定番なエンデューロカスタムしかしていません。しかし! 一般的なKX250Fのイメージ(パワーが凄くてモトクロス向き)とは裏腹に、非常にマイルドで乗りやすいエンデューロマシンに仕上げることができました 二日間トラブルもなく、ファイナルクロスではホールショットも決めて、見事IBクラスで総合3位を獲得できました

JH8V2141JH8V2110
ウッズセクションかなり気持ち良く走れます


以下、今回のカスタム箇所です♪ 細かい数値はナイショですが…。


★マシン:カワサキKX250F 2008年型

s-10JECr1_0067


・エンジンはノーマル。唯一違うのはエキパイがBEET製なことくらいです。サイレンサーはノーマル。

・フライホイルを純正オプションの重いものに変更。トラクション性能向上、疲労軽減、エンスト軽減などにかなり貢献しました。

・ラジエターキャップを標準の1.1から1.6にチェンジ。

・フロントフォークスプリングをソフトに交換。若干油面低めに。
・フロントフォークガードを09'用にチェンジ(ガード面積が広い)。
・リアショックは標準スプリングのまま、プリロード調整で柔らかめにセット。

・リアホイルを18インチ化。ハブ、ニップルはKX250Fを使用。リム、スポークはKLX450R用を使用。
・フロントホイルはD.I.Dの新作リム“ST-X”をチョイス。
・タイヤはフロントがブリヂストンM203。リアがED668。

※大会レギュレーションで後輪はエンデューロタイヤを装着しないといけないので、必然的にリアは18インチ化です。後輪のリムはST-Xの18インチがないので純正品を使用。


・ブレーキは前後ともディスクを穴無しにチェンジ。マディでブレーキパッドの減りを抑えられるのと、曲がりに対する強度も若干あるかも(?)
・リアブレーキのキャリパーガードは「そんなに必要ないかな~? KTMはついてないし」ってことで無し。取り付け部分も切り落として若干軽量化


・RENTHAL製ファットバー。純正のラバーマウントをZETAのラバーキラーに変更して、マウント部のねじれ防止。

・SUNLINE製可倒式クラッチレバー&ブレーキレバー
・SFS製シリコンラジエターホース
・アチェルビス製X-FORCEハンドガード
・アチェルビス製スパイダーEVOディスクガード
・SDG製ステップシート
・SDG製ハンドルグリップ
・ワークスコネクション製スキッドプレート
・前後RENTHAL製スプロケット
・AP-WORK製グラフィック

・ヘッドライトカウルはKLX125用を流用。フロントのブレーキケーブルは変更無し。ケーブルガイドは金属部分がKLX110L用。プラスチック部分がKX65用

・メーターは自転車用(¥1,680)を使用。

・タイムチェックはバーパッドに巻きつけた腕時計で管理。



と、こんな感じです。この中でも特に効果の大きかったのが以下の三つです。

・フロントフォークのソフトスプリング化
・フライホイルの重量化
・フロントホイルリムST-X

フォークのスプリングとフライホイルは想像つくと思いますが、リムの効果で走りやすいというのは、不思議な感じでした。このST-Xは純正より重量はあるんですが、剛性バランスが絶妙でハンドリングの安定感がありました。白タイヤ沢(今回のリエゾン区間のガレ場)とかでも、石でフロントが弾かれても、ゆっくり弾かれるんです。別の日に石だらけの河原でノーマルのリムと乗り比べたときもかなりの違いがありました。

20100707 120s-IMG_0064
                               デコボコフレンズtanajiさん

KX250Fでエンデューロ参戦お考えの方は是非ご相談ください
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ